仮想通貨投資、今儲かる投資先は?

NO IMAGE

ビットコインをはじめとする仮想通貨、HYIP投資も様変わりをしてきていますね。

さて、現在何に投資するのが良い選択肢でしょうか?

— ICOへの参加! —

仮想通貨の開売り出しであるICOが以前から流行りではあります。

数か月前は価値が数十倍に跳ね上がるようなICOが多くありましたがここ最近は以前ほど高騰するものもなくなってきた感じですね。

日本ではCOMSAのICOが進んでいますが、長期で見ればよいかと思います。ただ、価格が一定で販売数に上限が設けられていないなど、飽和してしまう要素がありますので、短期では伸び悩む可能性も大きいかと思います。

利益を出すためには、ビジネスとして将来的な伸びしろが十分あり、将来性を考えた計画がしっかりあるような案件を選ぶべきと思います。

当サイトでも面白そうな案件は順次ご紹介していこうと思います。

— HYIP投資 —

ほとんどのHYIP投資先が死滅してしまいましたね。利率が3%以上なんてものはやるまでもなく詐欺確定ですね。

ただ、たまーに異常な高利率でも長く続くものがあるため質が悪いですね。

以前はうまく早めに投資し、さっと逃げることができれば儲かりましたが最近はそうでもないですね。

— やはりビットコネクト! —

そんな中で、今一番はもはやHYIP界のレジェンドとなりつつあるビットコネクトですね。

当初はただのHYIPと思って適当に投資したのがビットコネクトコインは現在、仮想通貨第12位と、なんとEthereum Classicを抜いてしまいました。

当時開催されていたICOにだれも見向きもせず、結構売り残っていた記憶があります。

(ICOで注目されていなくても、後で伸びるものがあるという例でしょうか?というよりはICO自体がこのころまだ黎明期でしたね。)

その時は、ああ、失敗だ・・・とおもったのはいい思い出です。

私がHYIPを始めたころはICOよりずっと前で、日本のサイトでビットコネクトを見たことはありませんでしたので、わたしが最初に近いのではないかと思います。

その当時から数百倍の価値ですね。

大手取引所には上場しておらず、取引はビットコネクトのサイトの中だけということで、まだ詐欺である可能性がゼロではありませんが、時価総額11位が詐欺となると事件ですね。PONZI出ないことを祈るばかりです。

現在、月利約30%を安定的に得られている案件はこれであり、適度に利益を引き出しながら再投資していくのがお勧めです。

— クラウドマイニングで稼ぐ! —

マイニングで稼ぐというのも選択肢の一つです。

最近は競争が激しくなってきており、Genesis Miningなどの大手のビットコインのマイニングサービスの売り切れが続いています。

HashFlareのハッシュはまだ売り切れていません。

以前は永久的なハッシュだったのが、最近は二年限定になったことに注意が必要ですね。

中国のサービスではViaBTCなどもあります。

ロシアや日本の企業も参加を表明しており、今後は競争が激化することが必至ですね。

まあ現状の月利10%以上とか、普通の投資で考えたら驚異的な利率ですよね。

— アービトラージ —

取引所間のアービトラージで稼ぐという方法もあります。

ただ、以前と比べてだんだんと価格差が出にくくなってきているようには感じます。

トレードボット(短期に売買を繰り返すソフトウェア)に対する規制も強くなりつつありますので先々どうかとも思います。

— 仮想通貨の自動売買 —

仮想通貨の自動売買についてもいくつか試してみましたが、今のところあまり良い物には出会っていないですね。

相場の変遷が大きいため、過去データを使ったバックテスト等が通用しにくいです。

また、値動きの大きさも逆張りシステムにとっては厳しいかと思います。

相場がそれまでの価格帯を突き破った時に反応するブレイクアウトを狙ったタイプのシステムが通用する可能性が大きいでしょうか。

仮想通貨は発展途上であり、まだまだ儲ける可能性はあると思います。

うまくリスクを分散し、投資を楽しみましょう!

 

otherカテゴリの最新記事