ビットコイン、リップルなどの仮想通貨でリアルに稼げる最新情報を最速でお届けします!人より「3歩」先に進んだ投資をしましょう!

仮想通貨で資産運用を始める前にビットコインの財布を作成しましょう。

BitFlyerなどの取引所でも仮想通貨を保有することができますが、悪質なハッカーなどによりビットコインが奪われる事件が発生しており

必ずしも安全とは言えません。仮想通貨は取引所ではなくウォレットと呼ばれる個人の財布で管理するのが一番です。

ここではメジャーなBLOCKCHAIN.INFOにビットコインの財布を作成する手順、使い方についてご説明いたします。

BLOCKCHAIN.INFOにビットコインを入れるためにはビットコインを取引所で購入する必要があります。

BitFlyerの登録方法はこちらから

BitFlyerの使い方はこちらから

ここでは下記の内容についてご説明いたします。

<<1.ユーザーアカウントの作成方法>>

<<2.受信専用アドレスの作成>>  ※ビットコインをつかった投資を今後長く続けるのであれば受信専用アドレスの作成はしっかり覚えてください。

<<3.バックアップフレーズの発行>>

<<4.ビットコインの送信>>

<<5.送信情報の確認>>


<<1.ユーザーアカウントの作成方法>>

blockchain.infoにアクセスし、BLOCKCHAINを開きます。

※検索ソフトでblockchain.infoと入力して検索いただいてもかまいません。

出てきたブロックチェーンのメイン画面で「財布」をクリックします。

「新規ブロックチェーンウォレットを作成」をクリックします。

【Eメールアドレス】・・・お使いのメールアドレスを入力します。

【新規パスワード】・・・パスワードを入力します。最低10文字以上の英数字を組み合わせ、他人に簡単に類推されないようなパスワードとします。

【パスワードの確認】・・・「新規パスワード」で入力したパスワードを念のためもう一度入力します。

I have read and agree to the Terms of Serviceの左のチェックボックスにチェックを入れます。(内容に同意した上でお願いいたします。)

各項目の入力が終われば「続行」をクリックします。

下記のような画面が表示されます。「始める」をクリックします。

「ビットコインの受信を開始」をクリックします。

ビットコインを受信するアドレスが表示されます。

コピーペーストするか、バーコードを読み取ることで受信用のアドレス情報を共有することができます。


<<2.受信専用アドレスの作成>>

新規作成の場合ホーム画面の受信を押すたびにアドレスが変化・追加され、自分のウォレット(財布)のアドレス確認が非常に難しくなる場合があります。

作業をスムーズにするためにBLOCKCHAINウォレット(お財布)に受信専用のアドレスを追加しましょう。

受信専用のアドレスを作成し、取引先によってアドレスを変えることで、受け取ったビットコインがどこから送金された者かを把握することができます。

左側メニューの「設定」をクリックします。

プルダウンの「アドレス」をクリックします。

アドレス管理画面が表示されますので「アドレスを管理」をクリックします。

「新規アドレス」をクリックします。

新しいウォレットの受信専用アドレスが作成されます。

受信専用アドレスは作成したウォレット(お財布)専用のアドレスです。

ビットコイン販売所・ビットリージョン、ビットキングダムに登録の際は必ずお間違いにならないようご注意ください。

ラベルにあるペンマークをクリックして、ラベルを変更することができます。作成した受信アドレスをどういった相手から受け取るためにつかうかを記載しておくと相手からビットコインを受信した際に自動でコメントが付くため便利です。

以降はホーム画面の「設定」タブ→「アドレス」→「アドレスを管理」にて受信アドレスの確認が可能になります。

ゴミ箱マークをクリックすると追加したアドレスを消去してしまいます。

消去した場合はアドレスの確認や、安全に受信ができなくなる可能性がありますのでご注意ください。

以上で仮登録は終わりです。

画面右上の「サインアウト」をクリックして一度ログアウトしてみましょう。

<<本登録>>(メール確認)

登録したメールを確認すると、下記のようなメールが届いています。

「ビットコイン財布の識別子」という部分に固有のIDが表示されています。

ログイン時に使用しますのでメモしておきます。

「Verify Email」をクリックします。

下記のように表示され、認証が完了します。

アカウントにログインするために、お財布をクリックします。

「Login Now」をクリックします。

「財布ID」に発行された財布ID、「パスワード」に登録したパスワードを入力し、「サインイン」をクリックするとアカウントにログインすることができます。

「メールを確認してこのログインを許可してください」と表示されますのでご登録いただいているメールを確認しリンクをクリックします。

「承認されました」と表示されましたので、「OK」をクリックします。


<<3.バックアップフレーズの発行>>

次にセキュリティを強化するためにバックアップフレーズの発行を行います。

パスワードを手元の情報として残すことでセキュリティレベルを強化します。

ダッシュボードの左側メニューの「セキュリティセンター」をクリックします。

「バックアップフレーズ」をクリックします。

「パスワード」欄にパスワードを入力し、「送信」をクリックします。

「リカバリーシートを印刷」を押すと、リカバリーフレーズを記録するためのシートを印刷することができます。

印刷の後、「次のステップ」をクリックします。

リカバリーフレーズ1~4が表示されます。印刷したシートにリカバリーフレーズを記録します。

その後、「次の4つの単語」をクリックします。

リカバリーフレーズ5~8が表示されます。印刷したシートにリカバリーフレーズを記録します。

その後、「次の4つの単語」をクリックします。

リカバリーフレーズ9~12が表示されます。印刷したシートにリカバリーフレーズを記録します。

その後、「次の4つの単語」をクリックします。

指定された番号のパスフレーズを入力し、終了をクリックします。

これでパスフレーズの発行と記録が完了しました。


<<4.ビットコインの送信>>

これからよく使うことになる、ビットコインの送信方法についてご説明します。

ブロックチェーンの財布にログインし、ダッシュボードで「送信」をクリックします。

1.送信先のアドレスを入力します。

※間違え多アドレスに送信した場合、送信したお金は戻ってこないため、慎重に確認します。

アドレスの最初の数桁、最後の数桁があっていることを確認すれば安心できます。

2.送付するビットコインの金額を入力します。BTC(ビットコイン単位)またはJPY(日本円)で指定できます。

3.必要に応じて説明を加えることができます。

あとでどこに送付したのかわかるように説明を加えておくことをお勧めします。

4.「次のステップへ」をクリックします。

これで送信が完了します。30分~1時間程度で送金先への送金が完了します。


<<5.ビットコイン送信情報の確認>>

ビットコイン送信後、送信元アドレスなどの情報を確認する方法についてご説明いたします。

送金後相手先で送金の着金が確認できない場合に情報を提出することで送金を証明します。

①送金後、左側メニューの取引を選択します。

②そうすると各送金、着金情報が表示されますので、確認したい取引の左側の>をクリックします。


「取引が確認されました」の左の記号をクリックします。


こちらの画面にて、送金元のアドレス、宛先のアドレス、送金額、ハッシュ情報が確認できます。

このページのスクリーンショットやページのリンクアドレスを送ることで送金したことを証明することが出来ます。


不明な点等ありましたら、遠慮なくご相談ください。

PAGE TOP