BitRegion(ビットリージョン) VS BitKingdom(ビットキングダム)比較してみた

ここでは、同じ月利30%の利益を得ることのできる、BitRegion(ビットリージョン)とBitKingdom(ビットキングダム)を比較してみたいと思います。

どちらも似たようなサービスを展開しています。それぞれ一長一短ありますので、ご参考いただければと思います。

<<信頼度>>

現段階の知名度ではBitRegion(ビットリージョン)に軍配が上がります。

ただ、BitKingdom(ビットキングダム)は毎月ユーザは自分撮りの写真を登録しなければならないなど、ユーザの管理が厳正であり信頼度の裏返しといえるかもしれません。

また、ビットキングダムの出金にはGoogle Authenticatorなどの2FA認証が必要であり、ハッキング等による盗難が発生しにくいといえます。

ビットリージョンのほうが有名なサービスであるため、アクセス数も多くサイトにつながりにくい場合もあります。

ビットキングダムのほうはサイトにもつながりやすく、これまでアクセスできなかったことはありません。

<<利益率>>

基本的な利益率はどちらも月利30%と同じです。

投資可能な額はというと、ビットリージョンは一人30ビットコインまで可能です。(1ビットコイン=7万円とすると、210万円まで。)

一方、ビットキングダムは独自の仮想通貨AURにて、40AUR=約60ドルまで投資が可能です。(1AUR=60ドルとすると、24万円まで。)

投資可能な額は現状はビットリージョンのほうが断然上ですね。

ただし、ビットキングダムは今後独自仮想通貨AURの価値を上げていくと公言しており、今後投資可能な額も引き上げられる可能性大です。

そういった意味で今のうちに独自通貨AURを持っておいて値上がりを待つといった戦略も面白いですね。

<<難易度>>

投資をするための手続きについては、どちらもほぼ同じような手順を踏むことになります。

特段どちらが大変ということはありません。

逆にしっかり手順を踏めば誰にでも始めることができ、ほったらかしにすることが可能です。人によって差はほぼ出ません。

ビットリージョンはパスポートの購入、PH(Provide Help:融資)ともにBLOCKCHAIN.INFOを用いて外部から行います。

それに対してビットキングダムはPHについては入金し多ビットコインを使ってAURを購入しサイト内で閉じて行います。

このあたり細かい手順は異なります。

<<結論>>

さて、3つの項目について比較してきましたが、うーんどちらが良いというまでの結論は出せませんでした。

ビットリージョンのほうが参加者が多く信頼度があり、ビットキングダムは独自の仮想通貨に投資できるなどの面白みがあります。

現状では、二つとも登録を行い、リスクを分散するのが賢いやり方と考えています。

指標 ビットリージョン ビットキングダム
信頼度

利用者が多く安心できる。

その分アクセスが多すぎてつながらない場合も。

まだ利用者が少ないため三角。

今後の発展に期待!

認証システムなどは進んでおり安心

利益率

月利30%は大変魅力的!

同じく月利30%

独自の仮想通貨の値上がりにも期待できる?!

難易度

誰にでもできて、差はなし。

同じく誰にでもできて差はなし。